MENU

下痢で悩む人が知っておきたい原因と乳酸菌サプリでの解決策!

 

私達が起こす下痢には細菌感染等によって起こす急性下痢と精神的なストレス等によって起こす慢性下痢に分ける事が出来ます。特に慢性的な下痢は過敏性腸症候群等とも呼ばれ、一般的な下痢改善の薬等では改善を図る事が出来ません。そこで慢性下痢の原因を確認すると共に、改善する為の方法について考えて見ましょう。

 

 

【下痢の原因は腸内細菌のバランス】

下痢を起こす原因として多いのが急性下痢と言われる細菌感染等の食中毒症状や、慢性下痢と呼ばれるストレス等の精神的ダメージによる物が多くあります。急性下痢の場合には医師の処方する薬等で体内にある毒素等が身体の外に排出される事で症状の改善が図れてきます。

 

 

一方、慢性下痢の場合にはその原因がストレス等の精神的な物である事から、薬等を服用しても改善の効果を得る事は難しく、必要に応じては精神科関連の治療が必要になる場合も有ります。又、ストレス等によって人の身体には様々な変化を起こし、特に注意して起きたのが腸内環境の悪化と言われる状態です。

 

 

人の脳がストレスを感じると神経の働きに影響を与え、その影響で腸の動きや働きに影響を及ぼしてしまいます。その結果、人の腸内で生活している腸内細菌と言われる、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが崩れてしまい腸内環境が悪化している状態になってしまいます。

 

 

【腸内環境の改善はサプリで】

この様に悪化してしまった腸内環境の改善には、その原因とされるストレスを取り除いてあげる事が必要になってきますが、仕事等に就かれている方にとっては難しい問題です。

 

 

そこで腸内環境の改善に必要になる事は善玉菌と言われる腸内細菌の活性化が挙げられます。腸内細菌は善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%の割合で生活しているとされておりますが、下痢を起こす等の腸内環境が悪化した状態では悪玉菌がその割合を大きくしております。その為、善玉菌の活動を活発にする為に必要な事が、善玉菌の活動の元になる乳酸菌等の補給になります。

 

 

乳酸菌はこの善玉菌のエサになる為、出来るだけ多く送り込んであげる事が大切です。乳酸菌と聞くとヨーグルト等の乳製品を思う方も多いと思いますが、下痢の症状や状態によっては避けた方が良い場合が有ります。そこで現在注目されているのが乳酸菌革命と言うサプリメントです。

 

 

この乳酸菌革命の特徴としては16種類もの乳酸菌や、ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌を含んでおり腸内の環境改善のサポートをしてくれるという乳酸菌サプリです。又、生きた菌を腸内迄届ける為特殊な耐酸性のカプセルを使用し、熱や酸に弱い乳酸菌を保護し腸まで届けてくれます。ストレスを感じ下痢の症状がなかなか改善できない方は、先ずは腸内環境の改善に取り組んで見ましょう。

 

このページの先頭へ