MENU

アトピーと腸内環境の関係!解決するためになぜ乳酸菌革命?

 

アトピーは小さな子供から最近では大人に至るまでその症状に悩まされている方は多く、その発症原因ははっきりと解明はされておりませんが、遺伝子による場合や食生活、生活習慣、ストレス等による腸内環境の悪化等多岐に渡ります。そこで私たちの健康にとって大切な腸内環境の悪化とアトピーについて考えて見ましょう。

 

 

【アトピーの原因はストレスによる腸内環境の悪化】

アトピーの原因の1つとして考えられているストレスですが、私達は日常的に何らかのストレスを受けながら生活している人が非常に多くおります。私達の体はストレスを受けると、ホルモンのバランスを崩しヒスタミンを言われる物質の分泌を増やしてしまい、知覚神経に過剰に働きかけが行われてしまい皮膚の炎症が強くなると言われております。

 

 

一方でストレスにより交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、人間の腸内に生活している善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが崩れてしまいます。この腸内細菌のバランスが崩れた状態がいわゆる腸内環境の悪化と言われる状態で、この状態になった腸内では腸壁のバリア機能が著しく低下してしまいアレルギー物質であるアレルゲンの吸収が進んでしまいます。その結果として体の中に備わっている免疫機能が過剰に反応してしまい、皮膚の痒みや発疹等のアレルギー反応を起こしてしまいます。

 

 

【乳酸菌はアトピー改善に効果がある】

そこで注目されているのが腸内環境を改善してくれる乳酸菌やビフィズス菌と言われる菌です。乳酸菌やビフィズス菌には次の様な物があります。

 

 

L−92乳酸菌、乳酸菌KW3110、ビフィズス菌LKM512、植物性ラクトバチルス乳酸菌などです。これらの菌を体内にできるだけ摂り込む事で、腸内に住んでいる善玉菌の餌となり、善玉菌の働きを活発にしてくれ、更に悪化してしまった腸内環境を徐々に整えてくれます。その結果としてアトピーの改善に効果が期待できるとされております。

 

 

そんな中で現在注目されているのが「乳酸菌革命」と言われるサプリメントです。この乳酸菌革命には主な乳酸菌が16種類配合されております。一般的な食事で乳酸菌を摂った場合、多くの乳酸菌は大腸など腸内に届く迄には死滅してしまいます。一方腸内革命は16種類の乳酸菌を耐酸性に優れたカプセルに封入し飲む為、胃酸などで消化されずに腸まで届けてくれる事が出来ます。又、乳酸菌革命に使われている乳酸菌その物が有胞子乳酸菌と言われる物を使用しており、腸内環境の改善と、それに伴うアトピーの悩みに期待できるのです。

 

 

このページの先頭へ